彼と松山のママ活で読書した

*「いつも私のお父さん

心が温まる(読書棒)」

父「こんにちは!

 

 

https://www.nikukai.jp/ehime-mamakatsu/#heading2

 

ツンツン( `∀´)σ)°ε°;)

──────────────

彼の父が亡くなった夜、彼の兄弟は言った:

「私は私の父です

松山のママ活今まで何もしていません

葬儀費は全部払わせてください。 「」

これはばかげたケースです。

(つづく)

写真は私の父と私です松山のママ活

旭川から小樽に行って海で遊ぶ

じやは今月末に新会社に飛び、

私が代わりにやっていた最新のマシン、そして次の会社は、私のように文句を言わずにそれをする誰かがいつもいるわけではないことを知っていましたか?

タッチに慣れればスマホが最速!私はついに私のアドバイスを実践し始めました。

いよいよ時間です。そういうものだ。

暇があればスマホで遊んでいます。

松山のママ活その地域の幼い子供のように、私はいつもそれで遊んでいます。

それはいいです。学ぶのではなく、それに慣れてください!まずそこから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です