個人的な意見を伝えた松山のママ活

個人的な意見ですので、「なに?そう思われるかもしれません。あたたかい目をしてくださいm(_ _)m

大きな腫瘍が開頭術によって除去され、圧迫された脳が徐々に元の形状に戻るとき。

https://www.nikukai.jp/ehime-mamakatsu/#heading2

 

私は幻想的な世界を見ていました。松山のママ活

夜景。そしてそのはるか下に、怒った赤い目を持つナウシカの王室の虫の群れ。

実は病室の白い壁だと知っていたのですが、脳が見せてくれたのはとても不思議な光景でした。夜景はおそらく日本にはありません。思い出せませんが、後で医者から、テレビや写真で見た遠い記憶を脳が再生していると聞いたことがあります。松山のママ活

しばらくの間、他にもたくさんのことを見てきましたが、その中でもそのような不思議な光景は消えてしまいました。痛々しいほど現実を知ること。

脳が何かをするように命令した後。あなたの脳を敵に変えないでください!そんなこと知ってる。

ここであなたはあなたの脳についてのもう一つの素晴らしいことを知るでしょう。

脳は失われた部分を回復することができないようですが、それは失われた部分を補う能力を与えます。

文字数が多いのでうまくまとめられませんが、最後にもう1つ。

障害は不便ですが、不幸ではありません。個人的に。

12月12日です。

関ジャニ∞の安田と同じ病気の最初の開頭術の日でした。

2012年12月12日。12.12.12。

松山のママ活8年経っても忘れられない、良すぎる^^;

その時、腫瘍を取り除けばまた見えると思っていました。私は自分に何が起こっているのか本当にわかりません。

NCUではなく病室で14歳の誕生日を迎えます!考えていたような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です